Recent Forum Posts
カテゴリ:
ページ 1123...次 »

新カテゴリ作成を実施しました。

実装にあたり協力してくださったNanimono DemonaiNanimono Demonaiさんにお礼申し上げます。

悪意的なものでもなく、1,2件目に関しては問題としては大きくはないですが、
3件目は自治行為と断じざるをえませんし、過去に2度注意を受けている以上は警告処分をせざるをえないでしょう。

「提言」(後から)「比喩的意味合い」とあくまで意見・考えであると述べてはいるものの、
(明確にサイトへの攻撃である)スパム行為を引き合いに出すなど悪質性の強調が過ぎますし
サイトとコミュニティについての影響を断定的に語りすぎです。
何より、「大量削除は悪質な迷惑行為である」ことを『提言』したつもりであろうと
それをその個人に直接訴えかけた時点で「提言・意見」というよりその個人への批難でしょう。
コミュニティへの影響の危惧が動機であったとしても、(他のメンバーがそうしたように)他の真っ当な手段で訴えるべきでした。
(あるいは「大量削除は悪質な迷惑行為である」ことのサイト全体での合意を求めるか)

①あります。

②③その認識で間違いないです。

① 2つ目の注意文面のバックアップはありますか?もしあるなら参照したいです。

② 今回の件については、「サイトルールで禁止されていないことを迷惑行為と主張して、止めるように述べた」ことを自治行為と見做すということであっていますか?

③ 今回の件を含めて3件は全て違うサイトルールによるものです。累積を理由に警告する場合、サイトルール全体の未把握を理由に警告するという認識であっていますか?

警告処分が妥当だと考えます

賛成します。評価制度の穴が見つかった際の実効的な対応手段として有効だと思います。

過去二回の注意も踏まえ、警告処分に賛成です。
ルール把握が十分ではありません。

警告が妥当だと思います。


a.k.a. 鬼食料理長

KAIKO akaaokinokoKAIKO akaaokinoko氏は過去に2つの発言で注意を受けています。
http://05command-ja.wikidot.com/forum/t-5761348

1つは、下書きフォーラムでの「dvでも批評がもらえるならいいさ。」という発言です。これは(実際の投稿内容を別として)悪質な記事の投稿を想起させ、また子供じみた振る舞いを想起させるため穏当な発言ではないため、モデレーターのTasteHillTasteHill氏によりモデレーターポストによる注意が行われました。

2つ目は、自演投票の指摘を受けてからの一連の投稿です。(該当記事は削除済み)

まず、他のユーザーより、自演投票に関する指摘を受けましたが、その時の回答が以下の通りです。

あと、自演投票ではなくレートモジュールをカチカチ叩いて遊んでただけっていう(末期)

投票に関してはVoteに関するポリシーなので厳密にルールが定められているものであり、それで「遊ぶ」というのは記事を読んで真剣に投票を行っているメンバーに対して非常に失礼な行為です。これに関してはukarayakara氏によって注意が行われました。しかし、それに対する返信にも問題があります。

まず、レートモジュールのカチカチがマズかった点は申し訳ないです。投稿の時点で既に心壊であったもので…
(しかし、 平常運転である。)

サイトメンバーからの注意に対してこのような回答は反省をしているとは到底思えず、言い訳をしているように見えます。
これらを合わせて、スタッフからより強い形での注意が行われました。

そして今回、新たに違反と見なせるポストがありました。

http://ja.scp-wiki.net/forum/t-707248/deleted:author:broken-bone#post-3897785
このポストは全体的に自治行為の禁止に当たるものです。大量の記事削除は混乱を生みかねないものですが、明確に禁止されているものではなく、スパム行為に匹敵するなどと攻撃するのは、はっきり言ってやり過ぎです。
これらの違反の累積を考え、私はKAIKO akaaokinokoKAIKO akaaokinoko氏に対して警告処分を行うべきと考えます。皆さんの意見をお聞かせください。

原則的に翻訳記事には、原語版にないタグを付けることは出来ません。もし、原語版の記事にないタグが無闇に付けられるような状態になるとタグの参照性の低下が予想されるからです。

一方で、例外的に原語版にないタグを付けることが出来る余地もあるでしょう。dhueguangさんがポストに挙げた例のように「原語版にはタグが存在しない故に当然タグは付けられていないが、該当のタグが実装されているサイトでは付けられている」などのケースではむしろつけた方がタグとしての役割を果たすことが出来ます。例えば、他の言語のSCP記事に要注意団体-JPが登場していて、それがSCP-JPに翻訳された場合はその要注意団体-JPのタグは付けられて良いでしょう。

ただし、無秩序なタグの追加になってしまうと翻訳記事へのタグ付与に関して混乱を招きます。よって、「原語版に存在しないタグを翻訳記事に付ける」ことは申請制にしたいと思います。

具体的にはタグに関わる質問、報告スレッドで申請を受け付けて、タグ・コントリビューター等が妥当かどうかを判断してこれを付与する形式にしたいです。付与された場合は、該当記事のディスカッションに申請及び許可までの流れのポストのリンク等をポストすれば混乱も起きにくいでしょう。

申請を受け付けるタグは、個人の裁量によって変わらないメジャー/その他のタグで、既にSCP-JPでタグガイドに実装されている原語版に存在しないタグになると思います。

賛成します


a.k.a. 鬼食料理長

カテゴリ作成に賛成します

賛成です。特にルールAはENで発生した事例も確認できるので、その対策となるものを用意しておいて損はないと思います。

SCP-JPも年々規模を拡大していき、それに伴い様々なトラブルを想定する必要が出てきました。

そこで本スレッドは任意のページを評価制度から一時もしくは恒久的に対比させるnon-rateカテゴリの作成を提案します。



使用目的

特定の作品を一時的もしくは恒久的に評価制度から退避させる。

使用例:

  1. 一時的退避の例: 投稿された作品Aに対し、その品質と関わらない所でトラブルが発生した。その為、作品Aに対し品質とは関係がない評価が大量に下されるようになった。この時作品Aを評価制度から退避させる。
  2. 恒久的退避の例: ある作品BはサイトルールCにおいて評価対象外の作品となっていたが、作品Bを評価対象外と定めるルールCが廃止された。この場合に法の不遡及に則り評価対象外となっていた作品Bを評価制度から退避させる。


運用

後述のnon-rateカテゴリ用テンプレートを除き、このカテゴリにページを作成する事はなく、諸般の事情により評価制度から退避せざるを得なくなった作品をこのカテゴリに移動させて使用する。


パーミッション

前提として管理者とモデレータはページ作成、編集、削除においては無条件で全権限を解放されている(Wikidotの仕様による)。その為、下記に言及がない権限は管理者及びモデレータのみが持つ権限となる。

作者のみ:
削除

全員に解放:
閲覧
オプション表示

具体的なパーミッションは下記を参照:
http://shitake-crude-production.wikidot.com/non-rate:top



テンプレート

non-rateカテゴリでは下記のテンプレートを使用する。
http://shitake-crude-production.wikidot.com/non-rate:_template



実装方法

  1. 上記のnon-rateカテゴリのテンプレートをSCP-JPに作成する。
  2. SCP-JP管理者が「http://shitake-crude-production.wikidot.com/non-rate:top」を参考にしパーミッションを設定
  3. SCP-JPの管理マネージャーから「デザイン ⇒ ページの評価」を選択し、non-rateカテゴリのページ評価を無効にする




以上です。

賛成/反対、及びご意見をお願いします。

ページ 1123...次 »
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License