アトリビュートタグ改革-EN: 反映プロジェクト
このモックは現在使用中です

アトリビュートタグ改革反映

メモ

  • Superceding arthropod and invertebrate with arachnid, cephalopod, insect, and vermian (rev.129, Tag Manifest)
  • 他にも追跡できていない変更点があるかもしれないので、なるべく全チェックしたいが……

声明

現在、英語版サイト (SCP-EN) において、アトリビュートタグシステムの全面的な改革が進行中です。このため多数のタグの改名、再定義、廃止、置換が行われており、おそらくは今後もしばらくこうした変革が続きます。
日本語版サイト (SCP-JP) は、随時この反映を進めていきたいと考えております。

反映が完了するまでの間、特にEN→JPへの翻訳において混乱が生じるかもしれません。
タグを翻訳する際は、以下の点に注意してください。

  • 改名: 一部のタグは新たな名称に変更されています。訳語はあまり変わっていませんが、それでもこれまでと対応関係が変わってしまうので注意してください。タグリスト・タグ告知スレッドで随時情報を公開していきますので、それをもとに適切に処理するようにしてください。
  • 再定義: ENで新たに定義が変わり、英語版ページにタグが付与されたものの、JPではまだ定義が変わっていないので、翻訳版に付けていいかどうか分からない……という場合があるかと思います。こういう場合、暫定的に翻訳版にタグを付けていただいても構いません。

タグ翻訳システムに関しては、開発者の多忙につき、もう少し改正に時間がかかりそうですので、タグリスト・タグ告知スレッドを参考にしていただけますと幸いです。

また、この改訂に伴い、JPオリジナル記事のアトリビュートタグについても、タグ専任チームによって再度見直していく可能性がありますので、ご承知おきいただけますと幸いです。

参照

タグ廃止: http://05command.wikidot.com/forum/t-15188146/discussion-tag-pruning
(再定義は後日に回された)

タグ改名: http://05command.wikidot.com/forum/t-15188147/discussion-tag-renaming
(動物タグの改名は後日に回され、現在進行中)

タスク

  • フォーラムで開始宣言。独立スレを建てるべき? 個人的にはタグ告知スレで集約してもよさそうだ。関連告知を返信で繋げる感じで。宣言案は上だが、もう少し短くすべきか?
  • まず改名を処理。これはリアクションだけでもいけるはず。テクニカルに手伝ってもらってタグを交換。
    • 動物タグ改名が確定したので、これも同時に実行。
  • アトリビュート改革に未対応のまま、古いタグを使い続けている他支部からの翻訳はどうするのか?について合意形成。まあまとまるんじゃないかな。
  • 次に再定義タグ。基本的にはそのまま反映でよろしい。グローバルにチェックしてもらう (1~2名)。
    • JP記事にも再定義を反映する場合、ウルトラしんどくなる。例えば知性タグの適用記事は223ページあり、これを一つ一つ審査するのは骨が折れるうえに、多分ほとんどは問題無い。……とすると、変更されたので、もし自分の記事で新定義に該当する/しないものがあったら対応してね、と告知スレッドで言っとくぐらいがベストか。
  • さて、ここでタグリストの廃止タグ欄を廃止して、05-JPの公開ページへ移籍するための議論を立ち上げる。多分そんな反対はなさそう。この下の廃止プロセスで削除タグが大量に発生するため、タグリストを圧迫したくない。
  • ラストに廃止タグ。数こそ多いが、既存のタグ消去プロセスに従って対応すればいいか。とはいえ、多分ここが一番しんどい。
    • 単純削除→テクニカルに依頼して処理。
    • 交換削除 (1:1) →テクニカルに依頼して処理。
    • 交換削除 (個別) →どうしよう。テクニカルに頼んでENに合わせて付けてもらうか、それともタグ専任でリストを作ってからそれを渡してやってもらうか。JPオリジナル記事もあるので、後者が良いだろうか? 一人でやるとしんどいので、stenganさんとかと分配してもいいかもしれない。
    • FAQの変更も。これはENのものに合わせればいいのでリアクションで対応可能。
    • instrumentの処理については、議論がいるかも? 削除根拠は揃っているので、リアクションで合意形成でもいいか。
  • カテゴリ分けの反映。ここは比較的楽そうだ。一応議論はすべきか? 実用的にはカテゴリ分け・五十音順が理想型だろうか。翻訳が絡むのでグローバルにも見てもらおう。
    • JPの反映は、下で述べる通りの処理で良さそうだ。ここはリアクションなどでサクっと一緒に処理できそう。
  • タグ統合・再定義が向こうで決定されたら、それも順次反映。やや手こずるか? より本格的な再定義になるため、JP記事の精査も一考に入れるべきかもしれない。
  • 空棲、水棲はまあ……後回しでいいか。余力があれば、+アルファでこの後に。
  • 終了宣言。とはいえENがまだ続ける可能性があるので、終了宣言はなくていいかも。

改名

  • automaton: robotic (ロボット) に改名
  • arboreal: treeに改名。訳語は維持でよさそう。
  • bibliothetic: libraryに改名。訳語は維持でよさそう。
  • ontokinetic: reality-bendingに改名。訳語は維持でよさそう。
  • apian: beeに改名。
  • avian: birdに改名。
  • cervine: deerに改名。
  • lepidopteran: butterflyに改名。
  • leporine: rabbitに改名。
  • ophidian: snakeに改名。
  • piscine: fishに改名。
  • selachian: sharkに改名。
  • simian: primateに改名。
  • ursine: bearに改名。
  • vermian: wormに改名。
  • reptillian: reptileに改名。
  • ranine: amphibianに改名。
  • dinosaurian: dinosaurに改名。

廃止

  • engraved: inscriptionに統合 (9/15)
  • inscribed: inscriptionに統合 (9/15)
  • organic
  • clay
  • crystalline
  • glass
  • metallic
  • stone
  • wooden
  • physics
  • sentient
  • carnivorous
  • omnivorous
  • container: artefactに置換
  • timepiece: artefactに置換
  • furniture: artefactに置換
  • map: document or inscriptionに置換
  • instrument: toolに置換
    • JPで独自化していた楽器タグをどうするのか。楽器+jpは11記事しかないので、廃止しても良さそう?
  • recording: mediaに置換
  • key: toolに置換
  • statue: sculpture + animal/humanoidに置換
  • murine+sciurine: rodentに統合。

再定義

  • alive: 適切ならばbiologicalタグの代わりに使用してください、が追記。 (9/15)
  • biological: biological molecules, tissues or organsから構成されるものに再定義。廃止されたorganicを含むようになる。 (9/15)
  • inscription: engraved, inscribedとの統合 (9/15)
  • ectoentropic: あまり大きな変化はない。
  • sapient: 抜本的改訂。ヒト以上の知性が要求されるため、JP記事の精査が必要?

カテゴリ分け

アトリビュートタグが新たにカテゴリ別に分類された。

Entity
Tags that apply to creatures that are alive, or to autonomous or non-living beings with similar properties.

実体
生きた生物、あるいは同様の特徴を持つ自動装置や非生物存在に付与されるタグ。

Animal
Tags that apply to animals, or to entities that resemble animals.

動物
動物、あるいは動物に類似した実体に付与されるタグ。

Biological
Tags that apply to entities, objects or phenomena with biological effects or properties.

生物学
生物学的な効果・性質を持った実体、物品、現象に付与されるタグ。

Mental
Tags that apply to entities, objects or phenomena that have psychological, mind-affecting or sensory effects.

精神面
心理学、精神影響、あるいは感覚効果のある実体、物品、現象に付与されるタグ。

Physical
Tags that apply to the physical properties or effects of entities, objects or phenomena. Includes physics-related effects.

物理学
実体、物品、現象の物理的性質・効果に付与されるタグ。物理関係の効果も含む。

Artifact
Tags that typically apply to objects created by humans, including artifacts and artistic works.

人工物
工芸品や芸術作品などの、人類によって作られた物品に通常付与されるタグ。

Location
Tags that describe where the SCP is, where it comes from, or that apply to SCPs that describe or affect specific locations.

場所
SCPの所在、由来を説明するか、あるいは特定の場所に関する/影響するSCPに付与されるタグ。

Other
Any tags that do not fit into the other sections.

その他
他のセクションに沿わないタグ全般。

JPに反映する場合、支部オリジナルタグは次のように処理するのがいいか。

  • 国外収容: その他
  • 神話伝説: その他
  • 船舶: 人工物
  • 鉄道: 人工物

また、複数タグ検索システムの独自分類をタグリストに合わせて改変する必要あり。ややしんどい。

影響を受ける記述

FAQ

  • 有機体 vs 生物学 vs 生命
    • organicとbiologicalの統合につき、FAQの改訂が要される。ENのFAQが更新されているので、これを反映するかたちとなるか。
  • 道具タグと楽器タグについて
    • instrumentalタグを削除する場合、このFAQも消すことになりそうだ。
    • たしかKOがinstrumentalを楽器として独自処理していたので、その関係で非対応タグが生まれてしまう懸念は無くもない。まあ最悪、アトリビュートタグ-KOで処理もできるだろうか?

その他

  • 変更作業はENスタッフにより継続中。膨大なものを手作業で処理しているようだ (一部人力でタグ付け替え判断がいるものもあるためか)。JPでの一斉対応にはまだ少し早いか?
  • 動物タグ改名議論がちょうど終了し、置換がこれから開始される。また、今後タグ定義変更議論も発議予定の模様。
  • 定義変更タグはJPも精査が必要か? (知性タグの再定義など) 仮に行う場合、スタッフによる人力判断が要るので、相当な重労働になるかもしれない。正直メチャクチャやりたくない。
  • いくつか翻訳見直しも並行すべきか?
    • 空棲、海棲は位置タグであって、生物限定でないので、訳語がおかしいなどの話が以前からあった。せっかく場所カテゴリに分類されたので、できるならここに寄生するかたちでやっちゃいたいかも。
  • おそらく3~4桁規模のページを変更するので、テックに依頼するかたちとなる。置換系はものによっては個別判断されているようなので、ENのタグ状況を反映してもらうかたちだろうか? 改名と削除はそのまま動かせそうだ。
  • アトリビュート改革に未対応のまま、古いタグを使い続けている他支部からの翻訳はどうするのか?
    • これまでの方針を適用するなら、削除タグは無視、定義はJP (EN) 優先……というかたちだろうか。
  • 「必要以上に細かいタグを消す」が主目的の改革なので、この精神に基づけば、船舶・鉄道タグは廃止し、今後もタグの必要性判断にこのベクトルを加える必要があるかも?
    • 議論ベクトルのみある程度継承し、船舶・鉄道はいったん置いておくのがいいか。流石にこの議論を一緒にやるとしんどいどころじゃない。多分サイトコミュからの反発もでかい。とはいえ、このベクトルに従うと新規タグの許可がより狭き門にはなるが……。
  • 削除タグの数がエグいことになるので、タグリストの廃止タグ欄をぬばの公開ページに移し、タグリストからはそこに飛ばす形式にしたい。
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License