スタッフ構造【モック】

全てのアクティブなスタッフはいずれかのチームに所属します。サイトスタッフ憲章ではモデレーターと管理者について説明されていますが、チームについては触れられません。それは、チーム制がサイト運営を柔軟かつ効率よく行うためにスタッフたちの了解に基づき運用されている制度だからです。一般メンバーの多くにとっては、スタッフの所属チームは相談内容に適切な相手かどうか判断する基準としてしか扱われません(例えば、カスタムテーマに関してチャット運営スタッフに相談するのが余り適切ではないことは誰でも判別できます)。
サイトスタッフが担う定常的な業務は、チームに割り振られます。スタッフは、所属チームが担当すべき業務について把握し、そうでない業務については他チームに任せることでスタッフ全体の負担を軽減しています。しかし、これはスタッフが所属チーム外の業務を担当してはいけないことを基本的には意味しません。スタッフ個人が持つ経験や判断の共有は横断的に行われるべきです。

ウィキ運営チーム・テクニカルチーム・グローバルチーム・渉外チーム・チャット運営チームにはキャプテンが存在します1。キャプテンはチーム所属モデレーターが候補者となり、チーム所属スタッフの同意で以て任命されます。チーム・キャプテンは管理者が最低人数を割った場合の暫定管理者の候補となるほか、管理者による即時の判断が求められた際に管理者の応答が不足した場合、代理で判断を下すことができます。この代理行動は事後的に管理者により追認される必要があります。これ以外のスタッフ・チームには、キャプテンではなくリーダーが設けられます。これはキャプテンと同じように任命が行われますが、チームのメンバーとの違いはリーダーという肩書以外に特筆すべき点はありません。また、管理者チームにキャプテン/リーダーは存在しません。

スタッフ・チームは、必要に応じて管理者の認可のもとコントリビューター・チームを結成し有志を募集することができます。コントリビューターに任命された一般メンバーは、一部のスタッフ業務(特に、単純な作業であることが多いです)に関して、管理者の認可とスタッフ・チームの指揮のもと、極めて限定的な決められた範囲でスタッフ権限の行使を行うことができます。コントリビューター・チームの監督のために、そのチームを指揮するスタッフ・チームから所属スタッフが一名チームリーダーとしてコントリビューターを兼任します。

タスクフォースは、人的資源が求められる特定のプロジェクトを担当するために募集される人員です。コントリビューター・チームとは異なり特殊な権限が与えられることはありません。ただし、担当案件に関しての機密事項の共有が行われることは有り得ます。

スタッフ/コントリビューター/タスクフォースメンバーは、業務上で知り得た秘匿情報について、機密保持の義務を負います。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License