コントリビュータ募集2017'晩秋

経緯

SCP財団日本語版の運営は、別にモデレーターや管理者だけで行われているわけではありません。むしろ、Wikiのメンバーから募ったボランティアの協力者なしでは、持続不可能であるといっても過言ではありません。

このようなボランティアの協力者をコントリビュータ(貢献者)とWikiで呼んでいます。(昨年あたりから…)

さて今回はコントリビュータの中でも、以下3種類のコントリビュータを募集します。ちなみに、今までコントリビュータは不定期かつ別々に募集をかけていましたが、仕事の内容がある程度確定している役職は一斉に募集することにしました。

強調しておきたいこと: もちろん、コントリビュータに就任してから、リアル生活の中で想定外の問題が突然現れてしまうことや、もっと単純に、コントリビュータのつとめが自分に合わないと感じる場合があるかと思います。その場合は、何なりと退任いただけます。もちろん本人の意思を尊重しますので連絡ください。この退任はサイトルールの処分に該当するものではなく、また、次回以降のサイトスタッフのプロモーションに影響することはありません。


募集要項

今回は「注目の記事選定チーム」、「タグコントリビュータ」、「定例会コントリビュータ」の三役職を募集します。複数応募可能ですが、仕事を掛け持ちすればするほど忙しさが増すことに注意してください。

募集スレッドの応募期間は暫定的に2週間とします。この機会を逃してしまったならば、モデレーターか管理者に直接連絡してください。善処します。

メモ: それぞれのコントリビュータで応募条件が違います。

共通応募期間
11月5日(日) ~ 11月19日(日)

立候補者は以下のコントリビュータの説明を読み、自分が条件を満たしていることを確認できてから、期間中にこのスレッドで、どのコントリビュータに応募するのか明言してください。


各種コントリビュータの説明

注目の記事選定チーム

概要

トップページの「注目のSCP」と「注目のTale」を選定する責任者です。これら注目記事は毎月更新する予定なので、このコントリビュータの役目は、以下の基準に則って記事を選出し、結果をアクティブなモデレータあるいは管理者に伝えることです。

選定基準

  • 日本語版Wikiオリジナルの作品を対象とする
  • 選定するべき記事は「アッ!この記事めっちゃ良い感じなのに、どうも評価が奮わない!もっと注目されるべきじゃん!みんな見て見て!」と選定者が思う記事
  • 自選禁止
  • 評価の高い記事一ページ目の記事の選択禁止
  • 担当する月から数えて掲載期間が2ヶ月に満たない記事の選択の禁止

その他

  • 応募定員は暫定的に4名とします
  • 担当する月は、年間3ヶ月とします
  • 任期は1年間とします
  • 選定の期限は毎月の第2日曜日までで、それまでに更新されなかったら次の人が更新します。
  • 選定結果を翌月にスタッフがトップページに掲載します

応募条件

  • サイトに登録してから1年以上経っていること
  • 記事をたくさん読んでいること
  • 今の所、来年の12月まで失踪する予定がない

定例会コントリビュータ

概要

このコントリビュータの仕事は毎週土曜日にSCP-JPのIRC(Internet Relay Chat a.k.a チャット)で開催される定例会のお題を決定、告知することです。他にも定例会の司会役を行なったり、定例会の内容を見守ったりしてもらうことがあると思いまいす。 かつて三回募集をかけたのに、一度たりとも応募がない、アノマリーな役職です。

お題の決定と告知の責任の他に、定例会コントリビュータが責任する範囲は、定例会をやっている間のIRCまでですが、IRC全体を責任範囲とするチャットOPという役職もあります。両役職の仕事の範囲は隣接しているため、定例会コントリビュータになってからチャットOPとなるシナリオもあります。

その他

  • 任期は暫定的に1年とします
  • 担当週はチャットに関わるスタッフ全体で調整します

応募条件

  • 定例会に3回以上出席したことがある
  • IRCに接続できる

タグコントリビュータ

タグに関わる情報を収集し、タグガイドを整備し、タグに関わる質問に答えるコントリビュータです。テクニカルスタッフと協力してタグ環境を維持するスペシャリストです。

その他

  • タグコントリビュータのためのチャットがあります

応募条件

  • サイトに参加して半年以上である
  • タグの複雑さに対して耐性がある
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License