コントリビューター募集2020' 春

経緯

SCP-JPの運営は、モデレーターや管理者だけで行われているわけではありません。むしろ、Wikiのメンバーから募ったボランティアの協力者なしでは、持続不可能であるといっても過言ではありません。このようなボランティアの協力者をWikiではコントリビューターと呼んでいます。

強調しておきたいこと: もちろん、コントリビューターに就任してから、リアル生活の中で想定外の問題が突然現れてしまうことや、もっと単純に、コントリビューターのつとめが自分に合わないと感じる場合があるかと思います。その場合は、何なりと退任いただけます。もちろん本人の意思を尊重しますのでご連絡ください。この退任はサイトルールの処分に該当するものではなく、また、次回以降のサイトスタッフのプロモーションに影響することはありません。


募集要項

今回はコントリビューターの中でも、以下4種類のコントリビューターを募集します。

  • タグ・コントリビューター
  • 財団新聞編集委員
  • 合作記事剪定コントリビューター
  • 定例会コントリビューター

募集スレッドの応募期間は暫定的に2週間とします。この機会を逃してしまったならば、モデレーターか管理者に直接連絡してください。善処します。

応募期間
6月1日(月) ~ 6月15日(月)

立候補者は以下のコントリビューターの説明を読み、自分が条件を満たしていることを確認できてから、期間中にこのスレッドで、どのコントリビューターに応募するのか明言してください。


各種コントリビューターの説明

タグ・コントリビューター

概要

タグに関わる情報を収集し、タグガイド・タグリストを整備し、タグに関わる質問に答えるコントリビューターです。テクニカル・スタッフと協力してタグ環境を維持するスペシャリストです。タグガイド・タグリストの編集権限を持ちます。

応募条件

  • サイトに参加して半年以上経っていること
  • タグの複雑さに対して耐性があること
  • Discordの基本的な操作を理解していること

主な業務

  • 申請されたタグのタグリストへの追加
  • タグに関わる質問への対応
  • タグの運用についての検討

財団新聞編集委員

概要

茜刺財団新聞を執筆・編集・発行するコントリビューターです。毎月の新聞発行を目標とし、その月のSCP-JPwikiでの出来事をニュース記事としてまとめたり、高評価記事等を集計・発表するのが現在のところ基本的な業務となっています。また、特集記事や連載等の新聞上のコンテンツを企画・調整することもあるでしょう。

応募条件

  • サイトに参加して半年以上経っていること
  • Discordの基本的な操作を理解していること
  • 集計等の地道な作業に耐性があること

主な業務

  • 財団新聞の執筆・発行

その他

  • コンテンツごとに担当者を割り振る予定なので、集計含め一部のコンテンツのみ担当という形でも参加できます。希望の担当コンテンツについては各編集委員の意向をできる限り尊重するつもりです。
  • 編集委員同士のやり取りはSCP-JP運営用Discordサーバーの「#newsハブ」チャンネルで行われます。立候補される方はDiscordの使い方をある程度理解しておいてください。発言やメンション、リアクションが使えればOKです。

合作記事剪定コントリビューター

概要

合作-JPに掲載されている合作記事の剪定を行うチームです。特に合作剪定の新方式についてページ整備と運用を進めていくのが主な任務です。既にルール整備は完了しており、実際に新方式での剪定にも成功しています。今後の目標は個別評価モジュールが設置されていない合作記事に個別評価モジュールを導入することとなります。

現在の合作剪定チームの仕事は『剪定対象となる全ての合作記事へ個別評価モジュールを導入し、客観的なクオリティコントロールを実現すること』となっています。最大の障害であったAnomalousアイテム一覧-JPの移行作業も峠を越え、残るは「月次の剪定作業」と「既存の合作記事へ個別評価モジュールを導入する」のみとなりました。

ルールの作り直しから始まった一大プロジェクトも終わりが見えてきた所ですが、プロジェクトの長期化に伴いアクティブな人員が不足しています。専門的に動けているのは事実上2名のみであり、2名の日常生活の具合によりプロジェクトの進行速度にも影響が出てしまっています。残るプロジェクトをテンポよく完了し、日々の剪定作業をより盤石なものとするため人員を募集する次第となっています。

応募条件

  • サイトに参加して半年以上経っていること
  • 少なくとも半年はコントリビューターに携われること
  • Wikidotの使い方(履歴の確認、個別記事の作成など)をある程度把握していること
  • 外部ツール(googleスプレッドシート)を使えること
  • Discordの基本的な操作を理解していること
  • 細かく地道な作業に耐性があること

主な業務

  • 合作記事に投稿された作品の著者調査、及びサポート
  • 個別評価モジュール導入作業の主導
  • 導入作業におけるテクニカル・スタッフとの各種調整
  • 月初に行われる剪定記事の告知(持ち回り)
  • 新規合作記事が提案された際のサポート

定例会コントリビューター

概要

公式Discordサーバーで毎週土曜日に開催される定例会を運営するスタッフです。定例会のテーマは隔週が「下書きを見てもらおう」に固定され、それ以外の週のテーマは毎回変わります。詳細はガイドラインの「定例会」タブにてご確認ください。

応募条件

  • サイトおよび公式Discordサーバーの両方に参加して半年以上が経過していること
  • 定例会に3回以上参加し、そのうち1回以上が「下書きを見てもらおう」以外のテーマの週であること
  • 立候補時点で、今後半年以上は活動できることが予想されること

主な業務

  • フォーラムでの、担当週の定例会の予告
  • 担当週の定例会の監督。開始と終了を宣言し、参加者の言動に問題があった場合はチャットオペレーターに連絡します(チャットオペレーターが兼任する場合、可能な限り対処しながら他のスタッフにも状況を共有します)
  • 担当週のテーマ設定(テーマが「下書きを見てもらおう」ではない場合)

その他

Discordに慣れている人物の就任が好ましいため、チャットオペレーターの方も兼任していただくことができます。もちろん、一般メンバーも定例会コントリビューターに就任できます。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License